離乳食期のお母さんは離乳食作りに大忙し。
バランス良く、塩分を極力なくして、赤ちゃんが食べやすい状態にする。
離乳食に適した食材やメニューを毎日考えるのに頭が痛いという方も少なくありません。

そんな時に最適なのが「海苔」。
海苔が離乳食期の赤ちゃんにぴったりな理由をみていきましょう。

①栄養価が豊富

のり(焼き海苔)は鉄分、カロテン、葉酸、食物繊維、カルシウム、ビタミンなどが含まれ赤ちゃんの鉄分補給や便秘解消に役立ちます。これだけの栄養を摂らせようとすると多くの食材を使わなければなりませんが、まだまだ量が食べない赤ちゃんにはそれは難しいですよね。栄養がぎゅっとつまった海苔は天然のサプリメントとなってくれます。

②薄くて溶けやすく食べやすい

細かく刻んだり、すりつぶしたり、離乳食作りの手間は通常の食事作りの比ではありません。「手間を省きたい」というお母さんを叫びに応えてくれるのが「海苔」。

薄くて溶けやすい海苔は、調理なしで使え、離乳食期を楽にしてくれるお助け食材です。
お粥や汁物にパラパラと混ぜ合わせるだけですぐ食べられ、完了期からの手づかみ食べのおやつにも最適です。

焼きのりはそのまま食べると上あごや喉に貼り付いてしまうことがあるため、離乳食期に使用することを躊躇する方もいらっしゃいます。

こうした安全性への懸念を払拭してくれるのが金庄オリジナル商品「ばら干し海苔 江戸の華」。

ばら干し海苔は独自開発の製法で糸のようによって形成されています。
板状でないので口の中にへばりつくこともなく、のどにつかえる心配もありません。
飲み込む力が弱い赤ちゃんにも安心してあげられるこれまでにない海苔の形です。

実際にご使用いただいた方からはパリパリとした食感が楽しく、噛むほどに出てくる旨味に「もっと、もっと」とせがまれるという嬉しいお声も多くいただきます。ばら干し海苔は子どもたちに大人気なんですね。

千葉県産  ばら干し海苔 江戸の華 13g入り ¥324

③江戸前海苔は自然の塩分

大人用に味付けられた味付け海苔は、砂糖やしょうゆなどで味付けをした味付けのりや、表面に油や塩が塗ってあります。こうした海苔は赤ちゃんにとっては味が濃すぎて適しません。
江戸前海苔は味付けなし。磯の風味がひろがり、養分豊富な海の旨味と自然な塩分は天然調味料です。
塩分を気にすることなく、離乳食にご使用いただけます。

添加物なし、保存剤なし。使いやすく、天然の塩分と旨味がぎっしり。
パラッと溶けて磯緑に広がる美しさが食欲をそそる海苔は離乳食期に最適な食品といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。