美味しい掛川深むし茶の淹れ方 そのⅡ

「前回、美味しいお茶の淹れ方について投稿いたしましたが、(第1回: 美味しいお茶の淹れ方)今日は第2弾をお届けします。
使用しているもの
・ポット (お湯の温度は80℃に設定してあります)
・水温計 (ポットのお湯を計るため)
・急 須 (茶葉がゆったり広がりをもてるもの)
・お湯のみ、茶卓

•  ご自宅で熱湯から淹れる場合は、お湯のみに注いだ後、3分ほど置くと適した温度になります。
ポットのお湯の温度は冬は茶器が冷たいので80℃、春、秋は75℃、夏は70℃に設定しています。夏は茶器が冷たくないのでポットから直接急須に注ぎます。
さて、ここから本題の淹れ方です。
1 急須に茶葉を入れます。
(茶葉の量は1人分がティースプーン一杯、3人分の場合は大体一杯程度。)

2 一度全てのお湯のみにお湯を注ぎ、その後急須に戻します。


3 そのまま1分ほどおいて蒸らします。
4 1分後、順に注いでいきます。 1、2、3と注いだら、
3、2、1と注いでいきます。 そうすると均等にお茶を淹れることができます。

よく最後の1滴まで注ぎ切るといいますが、本当に絞りきるように、「美味しくな~れ、美味しくな~れ」とこの1滴を大切に注ぎ分けます。 (ここ重要ポイントです!) この1滴に旨味が凝縮されているのです。
ちなみに私はしつこいぐらいに絞りきっています。
はい、出来上がり♪ 美味しいお茶が入りました。
(=⌒▽⌒=)

是非、お家で試してみてください!

そして美味しいお茶を淹れるには、美味しい茶葉が必要ですね

当店の 利久 1000円  稀葉 1300円  緑泉 1500円
お勧めです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。